預金先を海外口座にするだけで賢く資産形成

多くの人が、日本の銀行に預金をしていると思います。
でも、日本の銀行金利は普通口座で0.001%くらい。
100万預けても年間10円の利子です。

引き出しの手数料を考えたら、
預けているだけでは減っていくと思いませんか。

海外の銀行口座だと、事情が違います。
例えば、インドネシア国営銀行に100万預けると
普通口座1.75%なので年1.75万円、定期口座は7%なので
年7万円の利子が付きます。

1000万円を定期で預ければ、年間70万円の利子。
それだけあれば、色々使い道が広がりますよね。
預ける銀行を変えるだけでかなりお得になると思いませんか。

しかも、この銀行口座のカードは世界で使用可能なので、
現地だけでなく世界15カ国有名どころの通貨で出金できます。
日本ではセブン銀行やゆうちょ銀行のATMでいつでも円で出金できます。

もちろん、外貨預金は為替の変動のリスクはありますが、現在インドネシアの平均年齢は
29歳。経済成長著しいので、通貨ルピアの価値が向こう6年上がる見込みもあると
言われています。

海外口座って、話には聞くけど普通の人は開設できないんじゃないの?

確かに利率の高い海外口座の開設は、一般的には現地に行って手続きが大変で
中々口座を開設できません。だけど、インドネシアの銀行口座を誰でも簡単に
開設できるやり方があるんです。

毎週金曜日にインドネシアの銀行口座を持てる説明会をやっています。
話を聞くだけでも勉強になると思います。
興味のある方は、ぜひ1度説明会に参加しませんか?

申し込みはこちら